So-net無料ブログ作成

これぞ黒糖焼酎の雄!「しまっちゅ伝蔵」の実力を大公開!! [酒]

今回は最近私がドハマりしている

黒糖焼酎

で、中でも特に香りが芳醇で
たまらなく美味しい喜界島酒造さんの

「しまっちゅ伝蔵」
を取り上げます。
※「しまっちゅ」=奄美の方言で「島の人」という意味


IMG_20170520_161302_resized_20170520_041428775[1].jpg



鹿児島県大島郡。
奄美群島の北東に浮かぶ島、喜界島

人口7000人ほどのその小さな島で
伝説のお酒が、昔ながらに作られています。


黒糖のクセを前面に出しつつ、昔ながらのコクのある強い味と香りが特徴的です。


早速、美味しい飲み方をご紹介しましょう。

無駄にうすくすることで、味と香りを殺すのを避けるため、絶対に水で割ってはいけません
ロックでいくのが本流です。


一口口に含むと、なんとも言えない黒糖の良い香りが鼻腔を抜けます。
黒糖の麩菓子を含んだ時の、あの懐かしい、素朴で甘い香り。アレです。

まさに黒糖そのものの味、香り。
良い意味でその他の味が一切しない。

しかしそこは焼酎。キューバやプエルトリコのラム酒のような
舌にしつこく残ることはありません。

まろやかで、スムースで、クリア。

口に含んで一呼吸置き、香りと味を存分に口の中で楽しむ。
そしてその後、喉にゆっくりと流し込み、微かな余韻を喉ごしとともに、味わい尽くす。

これが、美味しい飲み方。黒糖焼酎の魅力と言えましょう。


また、この黒糖焼酎。健康にも良いことで話題です。
黒糖なのに、
・糖類ゼロ
・プリン体ゼロ
は嬉しいですよね。痛風持ちや、高血圧な方にもおススメです。

ギネス記録を保有されている日本が誇る長寿を全うされた、
泉重千代さんが愛飲されていたのも黒糖焼酎です。

まさに「酒飲み上手は長生き上手」のお手本をみせてくれた方。
120歳で大往生されるその歳まで、この黒糖焼酎の晩酌を毎晩楽しまれていたのだそうです。


色んな黒糖焼酎をマイブームの中で見つけてきましたが、
本当にこの
「しまっちゅ伝蔵」さんはおススメです。

価格も900mlで1000円ちょっとと、抜群のコスパですしね。


もはや
焼酎好きなら飲まない理由がないでしょう!

黒糖に手を出すと
米、麦、芋焼酎を全く飲まなくなってしまいますが、
それでも、
・お酒が美味しく
・人生が美味しく
なる、そんな魅力に満ちたお酒です。



ぜひ、お試しあれ。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。