So-net無料ブログ作成
検索選択

これぞ極上の1000円スコッチウィスキー!!ハディントンハウスの実力を公開! [ウィスキー]

最近、ここで相当べた褒めされている1000円ウィスキーを
飲んでみたいばかりに、
市内あちこちの酒屋巡りをしていたんです。

その名も
「ハディントンハウス」



この「ハディントンハウス」
楽天アマゾンなどネットで注文すれば早いし
当然楽なんですが、真のスコッチファンなら
商品を直に手に取って、その肢体を眺めながら
店内で悦に入りたいものなのです。(笑)

これまで、この幻のスコッチ(?)を何ヶ月探し続けたことか!!


とうとうありました。

しかも、あったのは酒屋でも専門店でもなく、
普通のスーパーでした。(笑)

横浜市内、ベイタウン本牧というところにある、
スマイル・ワンというスーパーです。

もうね、これ買うためだけにわざわざこのスーパーに通うでしょうね。

それくらい、素晴らしいウィスキーだったのです!!





それではいよいよ本題。試飲レビューです。


ウィスキーですから、
当たり前のようにまずはストレートから。

まず一口、口に含んでみる。

爽やかな洋ナシ、青リンゴとともに
なんとも言えない上質な紅茶の香り、
そして紅茶特有のほんのりとした苦味。

しかし同時に甘みが鼻を抜けるような、
微かなバニラ香。

甘い。とても甘い。

ほどなく甘いんですけど、紅茶の香りと
柑橘系の爽やかさが鼻をさすため、
このうえなく飲みやすい感じです。
だから進む、ついつい飲みすぎてしまう、
という好循環(悪循環?)に陥ってしまいます。

続いてオンザロック。

アルコール臭は少し影を潜めるのですが
やはりしっかりとした柑橘系、紅茶香とバニラ香が
同時に滲み出てくる感じがたまりません。

最後にハイボールです。
やはり紅茶香は消えない。ハイボールでも飲んでて飽きない。


「なんだこれは!?」という感じです。


それぞれの飲み方で、それぞれの顔が出てくる。

全く飲み飽きない1000円スコッチウィスキー

どの飲み方でも楽しめてしまいます。
「え!?これで1000円スコッチ??」


これまで、どんなスコッチであろうが
必ず1つや2つ、欠点がありました。

どの飲み方でも盤石に楽しめるウィスキーなんて
2000円台でもそうそうありませんでした。


「いやいや、イイのか!?
こんなの売っちゃって!」 というレベルではないでしょうか。

これは、なかなかクセになりそうです。

日常酒として家に必ずストックしておきたいウィスキー。

お客に振舞っても、決して失礼じゃないウィスキーと言えるでしょう。

それくらい、本物ですよ。

もはやジョニ赤を飲むことは、なくなりそうです。(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アメリカンスピリッツの最強銘柄はこれだ!ゴールドのコスパの良さに迫る!! [タバコ]

こんにちは、タクローです。

コンビニの前の喫煙所すら廃止されていく方向らしいですね。
愛煙家にとっては更に厳しい冬の時代になってきましたね~。


さて、
もうタバコを20年近く愛して止まない私ですが
銘柄
・マル赤⇒マル金⇒ラーク⇒マイセン⇒ケント⇒ラキスト
と一通りを試してきました。

どうも30代を過ぎてからというもの、喉は荒れるわ、
アレルギーになり始めるわでしょっちゅう風邪を引きやすくなってました。
(タバコやめろや)

どーも、あのJTやフィリップモリスの化学物質が体質的に駄目だと
知ったのはずっと後のことでした。(だからやめろや)

そこで吸い始めたのが、アメリカンスピリッツゴールドです。


p1.jpg
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/100600097/?rt=nocnt
より引用


アメリカンスピリッツと言えばその昔、織田裕二の「踊る大捜査線」で
有名になりつつありましたし、その頃吸ってみて
「うまい!なんだこの葉巻のような味わいは!!」
と感動すらしたものです。

ダウンタウンの浜ちゃんやザ・イエローモンキーの吉井さんなど
芸能界でも愛用されているポピュラーなタバコです。
通称「アメスピ」で親しまれています。


今はパッケージも一新し、織田裕二のころの水色はなくなり

・レギュラー・ターコイズ(タール:12mg ニコチン:1.4mg)
・ライト・イエロー(タール:8mg ニコチン:1.0mg)
・ゴールド(タール:6mg ニコチン:0.7mg)
・ウルトラ・ライト・オレンジ(タール:3mg ニコチン:0.4mg)
・ペリック・ボックス(タール:9mg ニコチン:1.2mg)

と、バリエーションもとにかく豊富になっています。

あ、メンソールは私駄目なんです。駄目、と言いますか
いつも吸うラインナップからは除外しています。

上記をすべて吸ってみて、ダントツと言えるのが
「ゴールド」
です。(ペリックはちょっと特殊な立ち位置ですが)
コイツを自信を持っておススメできます。


とにかくこの種類のなかで一番「香り高い」と言えます。
辛味、スモーキーさが絶妙で、一番葉巻に近い感覚も味わえます。
「干し草」のような香味も楽しむことができます。

つまらないのが、オレンジで、惜しいですが
香りもスモーキーさも犠牲にした、素っ気ない味に仕上がっている感は否めません。

タール多めの人はターコイズ、マル金やラキスト・ライトを吸ってきた人は
ゴールドにすんなりシフトできることでしょう。

と、言いますか、タバコ好きなら一度これを吸ってしまうと
他の銘柄がほとんど吸えなくなります。
JT、フィリップモリス、アメリカンブリティッシュタバコなどの会社の
「化学物質特有のクセと薄さ」に戻れなくなるのです。


また、私の場合以前からの喘息の悪化や喉の炎症が格段に減りました。

これは相性もあるのでしょうが、なんなのでしょう、
添加物ゼロというのが幸いしているだけかもしれません。
タールやニコチンの量は他のタバコと一緒ですし、ね。


そんなアメスピ・ゴールド、ですが
コスパ面でも【最強】と言えます。

これまでのラキストやケントを吸っていたころは
・気がつくと1日1箱
消費されてきました。

1箱450円ですから
450円 x 30日(1か月) = 13500円
もの消費(浪費?)になっていたのです。

それがアメスピ・ゴールドにしてからというもの
タバコ葉も25%多く調合されていますから
1回あたりの喫煙時間が通常の倍くらいになりました。
(喫煙場所に普通の人の倍、長くいることになるので仕事サボってる感が強くなりますが^^;)

そうすると、次に喫煙するまでの時間が必然的に、普通のタバコより相対的に
長くなりますから、結果的に【1日に吸う本数が激減】したのです。

その結果、2日で1箱の消費になりましたため
480円 x 15日(1か月) = 7200円
と、約半額近い節約に成功したのです!(これホント)

普通のタバコより30円高いため、普通なら
高くつきそう、と思ってしまいますが吸ってみると「あらまっ!」て感じで
かえってコスパが良くなったわけです。



そんなアメスピ・ゴールド。
当分はこいつから離れられなそうです。

添加物ゼロを吸い始めてもう1年以上になりますが
なぜか喉の炎症もゼロ、です。

医学的根拠があるものではないため、
情報の責任は取れませんが
少なくとも私にとっては、タバコをコイツに変えてみて【吉】なのでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。